業種を追加する

業種を追加したい

業種追加とは既に「一般」の建設業許可を取得している方が「他の一般」の業種の建設業許可申請をして許可を取得する場合、又は、既に「特定」の許可を取得している方が「他の特定」の業種の建設業許可申請をして、許可を取得する場合をいいます。

現在「一般」の許可を取得している方が、新たに「特定」の別の業種の建設業許可申請をして、許可を取得するような場合は業種追加ではなく、「般・特新規」と呼びます。

また大臣許可を受けている方が、知事許可に変えたいとか、知事許可を受けている方が大臣許可に変えたいとか、あるいはA県知事許可を受けている方がB県知事許可に変えたいなどというように、別の行政庁へ許可申請する場合は「許可換え新規」と呼びます。

業種追加の例

・「一般」の「左官工事業」建設業許可を取得されている方が、新たに「一般」の「大工工事業」の建設業許可申請をして建設業許可を取得する場合。

・「特定」の「建築一式工事業」の建設業許可を取得されている方が、新たに、「特定」の「土木一式工事業」の建設業許可申請をして建設業許可を取得する場合。

・「一般」の「内装仕上工事業」及び「特定」の「電気工事業」を取得されている方が、新たに「一般」の「建具工事業」と「特定」の「電気通信工事業」の建設業許可申請をして、建設業許可を取得する場合。

要件を満たしていることが必要

業種追加をするためには、新たに建設業許可を取得する業種について「経営業務の管理責任者」、「専任技術者」の要件が満たされていることが必要です。
特に問題になりやすいのは、専任技術者の資格です。

国家資格などで追加できない場合は、実務経験などで追加するのが一般的なのですが、
工事経歴やその人の経歴によっては、難しい場合もあります。

一度ご相談下さい。

期間の調整

業種追加をする場合、現在持っている許可と日にちを合わせることができる場合があります。
これは、現在の許可の更新日などによって考慮するべきことなのですが、次回から更新を一度にできる、更新時の印紙代が安く済む場合がある、というメリットがあります。